バイナルグラフィックの魅力

バイナルグラフィックの歴史

バイナルグラフィックの歴史

バイナルグラフィックの歴史 バイナルはビニール(vinyl)のことであり意味としては、ビニールがバイナルが変化しただけのものです。
バイナルグラフィックは、そのビニール製のシートを使って、看板や建物、自動車などに貼り付ける装飾のことを指します。
同意義の言葉としてはステッカーやラッピングなどが日本では知られています。
バイナルグラフィックはさまざまな種類がありますが、主に単色のシートを組み合わせて貼るのが一般的です。
バイナルグラフィックという言葉そのものは近年使われるようになったもので歴史の浅いものですが、バイナルグラフィックの仕組みそのものは古くから使われています。
メリットとしては、貼り付けることでグラフィックを表示することができ、また曲面にも貼り付け表現することができ、取り外しも容易に行え、塗装をするよりも手軽に図柄を表すことができます。
このほか印刷してラッピングするのと異なり長期間でも色あせしないといったメリットもあります。

バイナルグラフィックで使用するシート素材

バイナルグラフィックで使用するシート素材 バイナルグラフィックとは粘着性ビニールシートの張り替えが簡易な素材で看板や建築物及び自動車などを装飾することで、ラッピングバスやラッピング車両が有名です。
バイナルはビニールから来ており、塗装による装飾に比べ価格も安価なためレーシングカーや電車の広告などに需要が高まっています。
バイナルグラフィックのシート素材は転写シートを利用するプリントステッカーや塩化ビニール製ステッカー、色味もメタリックなものから蛍光色、カメラのフラッシュに反応して再帰反射するタイプや見る方向により色が変色するタイプなど豊富です。
シート素材の耐用年数は5年から7年、価格は2万円から4万円で施工費用が2万円前後かかります。
アニメや漫画のキャラクターがバイナルグラフィックとして装飾された自家用車は痛車と呼ばれ、車の持ち主が個人でバイナルグラフィックの施工をする場合もあります。
耐用年数が半年以内でもかまわなければ、画像ソフトのデータをシートに印刷して貼るだけなので初心者でも挑戦できます。