バイナルグラフィックの魅力

失敗してしまった場合

バイナルグラフィックを失敗してしまった場合

バイナルグラフィックを失敗してしまった場合 バイナルグラフィックは、粘着性のビニールに意匠を印刷して熱で貼り付けることで、車のデザインをいじる方法です。
この方法のメリットは、失敗してもやり直しが容易という点にあります。
塗装をする場合ならば、塗装を失敗した後に塗膜を剥がすのは容易ではありませんし時間がかかります。
その点、バイナルグラフィックは、表面のシートを剥がせばよいだけなので、簡単に元に戻すことができます。
ただし、一度失敗した物は再利用することが難しいです。
そのため、新たなシートを用意して貼り付ける必要があります。
シート自体は自分で購入して印刷をすることで低コストで用意することができますので、何枚か同じものを用意しておくと良いでしょう。
業者に頼む場合はすぐには新しいものを用意することができないため、あらかじめうまくいかなかったときのために複数枚用意しておくと良いでしょう。
失敗が怖い方は、施工業者にすべてやってもらうのが確実な方法です。

バイナルグラフィックは一人でやると大変

バイナルグラフィックは一人でやると大変 様々なデザインで車を彩ることができるバイナルグラフィックですが、これを一人で行うとなると大変です。
一見するとフィルムを貼るだけなので簡単そうに見えますが、車体はほとんどが曲面でできているのでカーブに合わせて貼るのが難しいからです。
さらに気泡が入ることなく貼り付けるのには技術も必要になります。
大抵はバイナルグラフィックは業者に任せることになりますが、その業者でも職人でなければ綺麗に貼ることは難しいものです。
もちろん、簡単なステッカーを貼る程度であれば一人でもできます。
車体の一部に宣伝として貼るような場合は、わざわざ業者に頼む必要もないものです。
けれども全面的に飾る場合には、相当な高い技術が必要です。
一枚のフィルムを立体的に貼るのは相当高い技術が求められるというわけです。
そのかわりに全面的にバイナルグラフィックを利用すれば、かなり耐久性が高くなります。
車体を保護することにもなるので、下取りに出す場合には綺麗に元に戻すことができます。