バイナルグラフィックの魅力

バイナルグラフィックの複雑な形状

バイナルグラフィックの複雑な形状

バイナルグラフィックの複雑な形状 バイナルグラフィックは、塗装とは異なり複雑な形状にデザインすることができます。
塗装も技術があればある程度凝ったデザインにできます。
けれども費用がかなり必要となりますし、また扱える色も限りがあります。
インキは太陽光の紫外線に弱いので、耐光性のある色は少ないからです。
その点、UV加工のできるバイナルグラフィックであれば、どのような彩度の高い明るい色でも使用することができます。
また立体的なデザインを施すことも可能なので、あらゆる表現を楽しむことができるわけです。
もちろん、そのような施工を行うためには、ある程度の技術は必要になります。
けれども塗装よりも安く仕上げることができる上に、簡単に元に戻すことができます。
どんなに派手で複雑なデザインにしても、下取りに出す時には元の通りに戻せるので安心です。
また、バイナルグラフィックの場合には、フィルムが車体を保護することになるので、走行中に飛んでくる石などからも守ることになります。
そのために、より綺麗な状態に保つ効果を持つことになります。
元々の塗装を紫外線から守ることにもなるので 下取りに出す際には査定も高くなる利点があります。
その上で、自由にデザインを楽しめるので人気を集めているわけです。

バイナルグラフィックはどんな形にも対応できる

バイナルグラフィックはどんな形にも対応できる 車を美しく、かつユニークに飾り立てる方法として、バイナルグラフィックというものがあります。
このバイナルとは、ビニールのことを指し、塩化ビニール製のステッカーで車をドレスアップすることをいいます。
バイナルグラフィックの大きな利点は、この材質と工法にあります。
大きさやデザインの自由度が極めて高く、どんな形にも希望どおりに対応することができるのです。
たとえば、スポーツカーなどでは、スピードを表す流線型の模様をつけたり、お気に入りのメーカーのロゴをあしらったものもできます。
また最近では、アニメやゲームのキャラクターを描く、いわゆるサブカルチャーの分野でも多く利用されており、新たな需要を生み出しています。
車体の一部に施すだけではなく、丸ごと包むように使って、まるで違う車のようにすることもできます。
これもバイナルグラフィックが持つ、どんな形にもできるという特性の成せる技なのです。
また、施行にかかる時間も短くて済み、車体への負担が少ないのもメリットです。
そのため、企業のキャンペーンカーなどでもよく使われるようになり、個人だけではなく、企業の利用も増えているのです。
バイナルグラフィックを使用して、自分だけのオリジナルカーにカスタマイズしましょう。